リフトアップ フェイスリフト|新宿区新大久保の美容外科 百人町アルファクリニック

東京都新宿区百人町2-9-14 ミズホアルファビル3F
03-5389-6777 ご予約はこちら

リフトアップ

イメージ画像顔や首のたるみの解消を行う施術がリフトアップです。
リフトアップには、当院が最も得意とするフェイスリフトから切開せず、ダウンタイムの短い 糸によるリフトアップなどがあります。
当クリニックで行う主なリフトアップの施術は以下の通りです。

BarbⅡANCHOR(バーブIIアンカー)

アンカーは丈夫なバーブ(カギ)が一連になった新開発の吸収性(溶ける)ステッチファイバーです。引き上げ力を高めた進化形の吸収糸で、切らないリフトアップ治療を行います。
細い吸収糸は安全性が高く、小さなギザギザがついており、組織に適度に引き上げ、ホホ 口元を上げ、たるんだ輪郭のリフトアップを実現し、持続性と優れた固定性が魅力です。施術では一切皮膚を切ることがなく、糸を内蔵したカニューレを挿入していきます。
カニューレを抜けば、糸だけが皮膚の中に残ります。
糸に関しては医療用の溶ける糸を用いるため、1年半程度で体内に吸収されますが、それに伴いコラーゲン繊維が生成されるため、リフトアップ効果とハリが持続します。

フェイスリフト

最も効果の高いたるみ治療です。耳の形に沿うように切開をしますので傷跡は目立ちません。お顔のたるみとり施術の 究極の治療法で、当院の最も得意とする手術です。

糸やレーザーもよい治療法ではありますが、高い効果と長期の持続力は現在でもフェイスリフトを超える方法はありません。表在性筋膜群(SMAS)リフトのクリニックが多いですが、当院ではさらにリガメント(retaining ligament)を処理したうえで、皮膚とSMASを引き上げ固定するので、最良の効果が得られます。

こめかみリフト

こめかみリフトとはまぶたや目尻 ほうれい線などのたるみを解消できる施術です。手術はこめかみ部分の生え際を切開し、引き上げますので、傷跡は非常に目立ちにくいものとなります。ほうれい線にかかる頬のたるみ 目尻のお皺を引き上げる目的の手術です。たるみ目が気になる方、ほうれい線が気になる方におすすめの手術方法です。手術時間は約2時間ほどです。局所麻酔のみなので入院の必要はありません。

クリニック概要

医院名
百人町アルファクリニック
住所
東京都新宿区百人町2-9-14 ミズホアルファビル3F
最寄駅
新大久保駅徒歩2分・大久保駅徒歩5分
TEL
03-5389-6777
診療科目
美容外科 形成外科 美容皮膚科
※◎は手術のみ ※休診日:水曜
※土・日・祝日は診療しております
診療時間 日祝
11:00~19:00
このページの上へ